住宅ローン事前審査とは?

日本人に代表される言葉に一生懸命という言葉がある。
この言葉は、農耕民族に言えることかもしてないが、自分の生活を
する場所に執着を持つということである。
若い人でも、自分の家がほしいという希望を持つ人が多いと聞く。
親が既に家を持っている。
土地がある。
即金で買うことができる。
このような人も中にはいるが、多くの場合、特に今の日本の風土では
長男以外は、自力で家を建てるという事が大半ではないかと思う。
そこで誰もが頼りにするのが住宅ローンだ。
住宅ローンを借りる際に果たして返してきるのだろうか?
ローンを返済し始めた時、経済的に窮屈な思いをしないだろうか?
みんな住宅ローンを借りる時は、不安になる。
ある時払いの催促なしの住宅ローンなどないのだ。
途中で払えなくなると大変みじめな思いをする。
その見通しを立てる必要がある。
たとえば、自分のもらっている給料。
今抱えているローンの額。
今ある貯金の額
住宅ローンを払いだして時の返済額はいくらなのか。
そのバランスが取れていないと家を建てたばっかしにという後悔が生まれる。
これは、借りる側も貸す側も言えることだ。
大切な事は、新し家で家族が楽しく明るく健康的な生活を送る。
そのためのマイホームである。
その不安を払拭させ、安心できるために住宅ローンを借りる前に
事前審査と言うものがある。
銀行によってこの基準は様々だろうが、
ちゃんと払っていけるかどうかを専門家が判断すると考えるのが
住宅ローン事前審査という言葉を自分の味方として受け入れる事ができるのでは
ないだろうか。
では、事前審査にはどんな項目があるのだろうか?
一つ目に返済負担率というものがある。
これは、導きだす公式にあてはめて現在の状況を数値化することである。
要は、現在の給料、今抱えているローンなどから、住宅ローンの返済が
可能かどうかをみる指数になる。

言うまでもなく給料が低いと苦しくなるし、
住宅ローンの他にたくさんの返済額があるとこれまた苦しくなる。
だれしも家はほしい、しかし前述したように払えなけれなどうにもならないし
生活が窮屈になってもつらいだけである。
二つ目に自己資金割合というものがある。
簡単に言うと頭金になる貯蓄
いくらあるか。
残りどれだけを住宅ローンに頼らないといけないのかということだ。
これは、一番目の返済負担率とも関係してくる重要な要素の一つである。
頭金が多ければ多いほど楽に決まっている。
その意味で貯蓄は非常に重要に
なってくる。
三つ目に勤務形態と勤続年数だ。
これだけ流動的な時代になってきたのであまり
重視していないかもしれないが安定した収入が将来にわたり見込めるかどうかを
見る。
以上のような項目でチェックするのが事前審査である。
住宅ローンを借りる時は必ずこの審査がある。

裏を返せば家を建てる人には大きな
目安になると思う。
家を衝動買いする人はいないだろう。
計画を持ってこの事前審査を
クリア―できるように望んでほしい。

住宅ローンの事前審査のメリットとデメリット

マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンの事前審査です。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。

やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。

以上の事から、申し込めば確実に通る。

といった甘い感じではありません。

不可。

という場合もあり得ます。

ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が最低ラインと言われています。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。

借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。

無料で借り換えOKという所はほとんどありません。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。

毎月の住宅ローンの事前審査の支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。

繰り上げ返済をすることによって、元のローン残金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。

借入額が減るので、月々の返済も楽になります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

住宅ローンの事前審査を申し込む時気になるのが金利ですよね。

住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。

どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。

参考:住宅ローン金利が安い銀行は?低金利ランキング【どこが安い?】

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

自宅購入を考えた時住宅ローンが役立ちます。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますが家を購入する際は不動産屋に足を運ぶ方が多いと思うのでその会社で協力している銀行などに申し込みをしても良いでしょう。

返済期間は人によってまちまちですが最長で35年の期間が借り入れ可能です。

とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。

多くの場合、40歳以上を過ぎる申し込みに関してはなかなか難しくなる。

といったケースが多くあります。

フラット35という名前の住宅ローンの事前審査フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。

フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ審査が少し変わっています。

ですが、フラット35の審査は少し違う点もありまた、それに加えフラット35の審査特徴としてフラット35の場合、住宅の価値が問われます。

担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

今から、借入れをしながらでも新しい家を購入したい方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。

大抵の場合、ある一定期間で申込みをするのが普通ですが本当に満期までかかって返す方は少ないようです。

多くの方が、10年以内に返済することを目標としています。

思い掛けない収入が入った場合など、それも返済に充てたい時はまとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

今の収入や生活状況をしっかり把握した上で、負担の少ない借入れが出来るように努めましょう。

直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

どこの会社の住宅ローンの事前審査を選ぶかこれも大切なポイントですが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。

何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すれば月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

それでも、今は低金利といわれる時代のせいか調査によると40%の方が利用しているそうです。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後から後悔のない選択が出来ると良いですね。

住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、これから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。

審査に通れば年間で30万円ほどの節約も可能になるので、気付いた今からでも申請可能か問い合わせてみましょう。

条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。

改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。

その他に年収や年齢など様々に確認される場合もあるので把握して毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。

マイホームの夢を実現させたい!と願ったとき銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか混乱してしまう事もあるかと思います。

選び方の方法として、近場の銀行、信用金庫などでも良いですし不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも受け付けることができます。

ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で必ず合格するという事でもないので注意してください。