住宅ローンを利用する前にすべき事

実際にマイホームを手に入れようとしたとき、手持ちが亡ければやはり住宅ローンを利用する必要があるのです。
ですがそれに関しても、それを取り扱っている銀行とかにいって、「実はマイホームを手に入れるために住宅ローンをお願いしたいんですけど」と言っても、誰でもそれを借りることが出来るわけではないのです。
と言うことで、相手がその人に貸せるかどうかを判断するためにも、事前審査が必要であり、実際にそれをする事になるのではないかと思っています。
さて、私の家も住宅ローンを利用しているのですが、それを利用するに当たって、ある銀行のローン担当の人に会って、そして、そのローンの説明をして貰ったり、あとは、簡単にですが、事前審査をしました。
(とはいっても、私は専業主婦なので、実際に審査をしてもらったのは夫です)ちなみに、わざわざ銀行まで行かずに、私の家の場合は、ちょうど家についての打合せをしている場所まで銀行のローン担当の人が来てくれて、そしてそこで説明を受けたり、書類に記入したりしていました。
ちなみにその時も、ただ身一つでそこに行けば良いのではなくて、ちゃんと身分証明が出来る物とか、あとは源泉徴収票など、年収が分かるものも必要だったのを覚えています。
そして、それを利用して、そして実際に貸して貰えるのか、いろいろと書類に書き込んだのを覚えています。
そして、その項目が結構細かかったので、ときどきですが夫はローン担当の人に質問をしながら書類に記入していたのを覚えています。
さて、そんな住宅ローンの事前審査ですが、我が家の場合はそれ以外に何も借金もなかったし、また、夫の年収もその時は今よりも多かったのもあってか、別にそれで否認されることもありませんでした。
ですが絶対に否認されないという自信もなかったので、私としては結構緊張していたのを覚えています。
「そしてとりあえず、借入予定額もそれほど多くなかったこと、そして、年間の返済額などからも、それほど負担なく返済できると判断されたのかもしれません。
(ついでに、事前審査でとりあえず大丈夫だったのを知って、結構ほっとしたのを覚えています)
と言うことで、実際に住宅ローンを利用しようとする時は、事前審査をちゃんとして貰う必要があります。
そしてその時は年収、勤続年数などからいろいろと判断されます。
ついでに、私の周りではそれをして貰っている人が結構いるのですが、厳しく審査するところ、結構甘いところ、いろいろとあるようです。

住宅ローン参照サイト

リフォームローン金利比較ランキング!【審査通りやすい銀行は?】
リフォームローン選びで迷ったら、まずは金利比較!あなたに最適なリフォームローンを選ぶためには借り入れる金額がいくらかだけではなく、担保や保証人、保証料が必要かどうか。手数料を含む諸費用の比較も必要になります。あなたの場合にぴったりの商品がわかる当サイトのランキングは必見です!